刑事事件

>

刑事事件はスピーディーな対応が求められます。
対応が遅れたため失職したり、不必要な起訴や罰金処分を受けることもあります。

早期対応のメリット

被害者のいる事案では、拘留期間内に被害者と示談をするなど、必要な弁護活動をすることで、起訴を免れたり、量刑が軽くなることがあります。
ご家族や知人の方が逮捕されたら、まず弁護士に相談してください。弁護士がご本人に接見し、迅速に弁護活動の方針を立てることが重要です。

逮捕前の対応が重要です

逮捕嫌疑をかけられた際「逮捕されていないから大丈夫」と安心はできません。その場で逮捕されなかっただけで、将来も逮捕されないとは限りません。
逮捕前の段階で、犯罪の事実の有無や内容から、逮捕の必要性がないことをアピールすることが大切です。
万一逮捕された際、面会できるのは弁護士のみです。事前にご相談頂くことで、逮捕回避への働きかけや逮捕後の早急な対応が可能です。
ご自身で判断されず、少しでも不安な点があれば、お気軽にご相談ください。